働きながら英語が学べるカナダ留学

日本からの留学先で人気の国はやはりアメリカやカナダでしょう。

特にカナダでは様々なスタイルで英語を学ぶことができます。その一つのスタイルとしてワーキングホリデー制度が充実していることが挙げられるでしょう。よく耳にすることが多いワーキングホリデー制度は、ビザを申請するときに18歳から30歳の日本国民に与えられます。このビザは最大1年間カナダに滞在することができ、その間は学校へ通ってもいいし、またアルバイトなど仕事をしてもよいというものです。

ワーキングホリデー制度はこの国の大きな特徴として挙げることができます。同じ留学先として人気のアメリカにもない制度です。ワーキングホリデー制度の魅力は、働く事ができるということでしょう。留学するとなればかなりの費用がかかります。そのお金を向こうでアルバイトなどをして稼ぎ出すことができるのですから嬉しい限りです。この国へ留学に来ている他国の人たちの多くは、この制度を利用して滞在費や語学スクールの学費などを稼いでいます。

また、英語を学ぶためにこの国に来ているのであれば、語学スクールだけの授業で英語を学ぶのではなく、働きながら学ぶことも可能です。どちらかと言えば仕事をしながら英語を使っていた方が卓上の勉強よりも効果が期待できるのではないでしょうか。英語はコミュニケーションツールだと考えれば、これは理に適った勉強方法だと言えます。アルバイトをするなら、なるべくカフェやレストランなど、お客を相手にする仕事がベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *