失敗談から学ぶセブ島留学成功への道

近年、セブ島へ留学する日本人が急増していると言われています。

その背景には、やはり物価の安さが影響しており、欧米で英語を学ぶよりも半額程度の費用で欧米と同じ水準の語学を学ぶことが出来るため、安さからセブ島への留学を決める人が多いのです。ただ、安さにつられて語学学校へ来たものの、思ったような効果を得られないまま帰国の日を迎えてしまうという人も少なくないようです。その大きな要因の一つに、基本的知識の欠如が挙げられます。

初心者にありがちな失敗ですが、現地に行けばなんとかなる、英語ばかりの環境に身を置きさえすれば、英語を自然と話せるようになるという間違った考え方であります。セブ島の語学学校では、優秀な講師からマンツーマンで指導を受けられることが最大の魅力ですが、授業はすべて英語で行われます。文法用語などもすべて英語なので、基本的なことを知識として得て置かなければ、何がなんだかちんぷんかんぷんなまま授業が進んでいってしまうのです。

そうなるとマンツーマンで指導を受けられるという優れた環境にあっても、知識として結びつかないので意味を成さないのです。こうした失敗談は日本人留学生の間で語り継がれており、現地に来る前にもっと勉強しておけばよかったと後悔している人が多いといいます。そうならないためにも、日本である程度の水準までは自分で学習をしておくことがセブ島への留学を成功させるためのカギを握るのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *