高校留学で現地の言葉はマスターしましょう

高校留学のメリットは、現地の言語に慣れるのが、成人してからよりはスムーズに受け入れられることです。

一般的に若年のほうが頭が柔らかく、聴覚も柔軟に働きます。それだけに、短期間で現地の言葉がマスターできます。ただし、会話ツールの言葉としての学習と、言語としてマスターするのは若干違います。しかし、人間社会はコミュニケーションが重要です。現地の有識者と隔たりなく会話できる能力は必要です。その、能力だけでも修得すれば、高校留学の所期の目的は達成できます。高校留学は、大学入試でも有利に働きます。

AO入試や帰国子女枠の対象にあるケースがあり、一般の受験勉強に費やす時間が、留学に代わったことになります。現代は、日本の高校も世界各国の高校と姉妹校として提携していて、交換留学生制度がありますので、在籍している高校の選抜試験に合格すれば、提携先の高校に留学できます。一般的に、生活費の自己負担はありますが、授業料等はお互いの高校間の取り決めで、留学生個人が負担するケースは少ないです。高校を卒業して、本格的に海外の大学で勉強を始める場合にも、語学のレベルが低いと、予備校のような部門に入学させられますので、それだけ余分な時間がかかります。

語学が一定のレベルであれば、正規の課程に入学できます。短期間で卒業できます。アメリカでは、レポートや論文は、専門の代筆業者がいるようで、多少のお金とその業者に論文なりレポートを依頼できる語学力があれば、卒業はできます。それだけ会話力は重要です。語学は若い時期の勉強が有利です。高校留学は短期の語学習得に向いています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *