高校留学は短期の2週間からスタート

高校生の間へ海外へ留学へ行く事で、英語の環境に早くに触れる事ができ、かつ親との生活を離れる事で、自立心を養う効果も期待が出来ます。

そんな高校留学を検討している家庭は、まず夏休みを利用した短期留学を検討してみてはいかがでしょうか。短期のため、数週間程度の留学が可能となり、2週間程度海外で過ごす事が出来ます夏休みの利用であれば、日本の学校を休む必要もありませんので、長期休暇を有意義に活用する事が出来るでしょう。

この2週間程度の高校留学では、主のホームステイで生活する事が多いため、現地の食事から現地の生活習慣に触れる事が出来ます。もし同年代の子供がいる家庭であれば、一緒に学校へ通う事も可能で、友人や家族の様に2週間を過ごす事が出来るでしょう。そしてこの2週間の高校留学を経験し、長期的な留学へ行く前の予行演習の様な役割も果たしてくれます。例えば、高校1年生の間に短期留学を経験し、2年生になった時点で1年間等の長期留学へ行く事で、高校生時代に2回の留学を経験出来ます。

10代の若い間に2回も海外へ行く事で、語学の上達も早くなり、流暢な英語が話せる様になっているという事も珍しくありません。この日本では、英語スキルが求められる仕事が多いため、将来のキャリアを考えた上でも、将来役に立つスキルを身に着ける事が出来るでしょう。この様に高校留学の期間は、その人の希望に合わせて選択が可能ですので、子供の将来を考えて一度検討してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *