中国へ高校留学するメリットとデメリットとは何ですか

中国で高校留学すると、中国の歴史と文化を学べる、本場の中華料理を食べられるなどのメリットが存在します。

高校留学直後は中国語を上手く話せないですが、ホームステイ先の人達や学校の同級生達と接しているうちに、徐々に話せるようになっていきます。授業は中国語で書かれたことをノートに書き写す必要が生じますが、高校留学で選ばれたのは、少しは言語が扱える証拠と言えます。そのため、筆記のほうはそれほど困らないと想定されます。

授業には中国の歴史と文化が色々出てくるので、それらを学んでいくことになります。どれも日本では学べなかったことばかりなため、新鮮な気持ちで勉強に挑めるはずです。あと、同級生達と仲良くなると、中華街へ連れていってくれることがあります。中華街に入ると美味しそうな香りがしてくるため、思わず涎が出てしまってもおかしくないです。そして、同級生達と仲良く料理を食べているうちに、友情へと結びついていきます。

デメリットは家族に会いたくなる、別れがつらいなどです。家族に会いたくて仕方がない時は、ホームシックにかかっています。国際電話を使って家族と話せば、すぐに元気を取り戻すので問題ありません。定期的に家族と連絡を取り合っていれば、家が恋しくなることはなくなります。家で飼っているペットの写真を手元に置いておくのも良い手法です。

また、別れがつらいと感じた時は、SNSのアカウント情報を教えてもらいましょう。日本に帰ってもSNSを使えば会話をすることが可能です。
セブ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *