高校留学には大きく分けて2つの方法がある

高校留学には1年以上留学する場合と短期留学の2つがあります。

1年以上の留学には2つの方法があります。1つ目は留学する人が自ら学校や滞在先の費用を負担するものです。一般的な平均は300万円から500万円程度の費用が必要になります。

2つ目は国際交流を目的として1年間ホームステイを利用して高校留学するものです。こちらの費用は滞在や学校がボランティアで提供してくれることが多く1年間100万円から150万円程度で留学できるようなシステムになっています。短期留学の場合は夏休みや冬休みなどの長期の休みをりようして高校留学する方法です。短期留学先としてはサマースクールや語学学校、お試し留学などがあります。

こちらを利用する人は後に長期で留学することを念頭に置いた人が利用している場合が多いのが現状です。一般的には2週間から4週間に留学で30万円から60万円程度とされています。しかし、短期留学の場合は留学を手配してくれる団体が主に企画しているため色々な会社に問い合わせてみることが懸命です。

もちろんのことながら高校留学を希望しているのなら英語ができることが必須です。高校留学ならば一般的な中学、高校の英語レベルがあることが求められます。コミュニケーションがとれなければ留学する意味がありませんが英語が初級でも学生を受け入れてくれる所もあります。その場合、英語補修クラスを併設してある学校を選ぶという選択肢もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *